中高年のための求人選びポイント特集

*

マナー違反への対応と挽回の可能性

   

マナー違反に気が付いた時に取りたい行動

 マナー違反はしない方がいいに決まっています。しかし、面接というのはいつだって緊張するものですし、慣れない状況下で思わずマナー違反とされるような言動をしてしまうことも考えられるでしょう。

 もし面接を受けている最中にそうした言動をしてしまい、後で気が付いたら、必ず謝るなどしておいてください。言葉の上でのマナー違反があれば謝ると同時に訂正するなどもしておきましょう。

 面接の最後に切り出して構いません。自分のマナー違反に気付いたにもかかわらず、それに触れずに面接会場を後にすることほどマイナス評価に繋がってしまうことはないため、言いにくいかもしれませんが、理由なども添えながら潔く謝罪・訂正をするべきでしょう。
 

マナーは謝罪など以外で取り返せるのか

 マナー違反をしてしまったら、謝罪や訂正をしておくのがスマートな対処方法。仮にマナー違反をしてしまった場合、それを他の方法で取り返したりカバーすることは可能なのでしょうか。

 難しいと考えられます。マナー違反をそのままにし面接を終えれば、面接官の頭の中にはそれがかなり悪いイメージとして残ってしまうはずで、しかも応募者が中高年ともなれば、それを採用後に正そうとする意欲も湧かないため、いくら質問にしっかりと答えていたとしても、頭に残った悪いイメージによって採否を決定することになるでしょう。

 だからこそマナーを身に付けておくことと、万が一ミスをしてしまった時にはそれを認める潔さが求められるのです。

 - 面接対策

  関連記事

面接にだってテクニック必要

面接でのテクニック    面接を受けるにあたって色々と準備したり練習して望むこと …

面接の時の服装で気にすべき細かな部分と事前準備

細かな配慮ができてこそ完璧となる服装  面接を受けるのにふさわしいとされている服 …

マナーからおおよその人間像が印象付けられる

①面接でのマナー     面接時のマナーと言われるものは多数ありますので、しっか …

中高年の転職~面接後にお礼状を書くべきか~

中高年はライバルに差をつけることが大事  行政の後押しもあり、中高年の転職市場は …

志望動機の構成で意識したいのはバランスと表現方法

「自分」と「企業」のバランスを意識した志望動機を  面接官に伝える志望動機は、自 …

面接の受け答え対策

①面接で聞かれること   転職をする際には面接は必ず通らなくてはいけない関門とな …