中高年のための求人選びポイント特集

*

中高年が転職するなら、その活動は在職中に限ります

   

中高年の転職活動に見られるリスク

 転職活動には必ずリスクが伴います。それを回避するための準備や状況判断が転職希望者には求められますが、中高年の場合にはこの転職に見られるリスクが若い年代の人よりもかなり大きいため、より回避するための準備・状況判断が求められることになるでしょう。

 中高年の転職希望者に見られるリスクで最も大きいのは、なかなか転職先が決まらないことではないでしょうか。このリスクを回避するためにはどうするか、自己分析等をしっかりと行うことも重要ですが、やはり何と言っても、在職中に転職活動を行うことに尽きます。

 これによって、少なくとも職を失うというリスクは回避することができますから、転職活動で考えられる最も大きなダメージをゼロにすることができるのです。

転職活動を退職後に行ってしまうと

 退職後に転職活動を行うと、職を失うというリスクが最後の最後までつきまといますが、それ以外にも無視できないリスクが幾つか出てきてしまいます。あらゆるものが維持できないのです。

 生活するとお金を消費していきますが、転職活動が長引けば、失業保険だけでは足りなくなってくるでしょう。そうなると生活を維持することができなくなり、また、それによって焦りが増大すれば、精神的安定も維持できなくなる可能性が出てきてしまいます。家族との関係も維持できなくなるリスクが出てきたら本当に大変。

 いろいろと維持したいものがある人は、退職後に転職活動を行ってはいけないのです。

質の高い転職を狙うなら

 仕事を辞める前に転職活動をし、そのまま在職中に転職先を決めてしまうことは、質の高い転職を実現することにも繋がってくるでしょう。

 無理に転職先を決める必要がなくなるため、妥協もせず、内定を断る余裕すらも生まれるのです。あくまでも退職後の転職活動と比べたらの話ですが、しかしそれでも在職中の転職活動には大きな意味があるはず。

 転職後に、「こんなはずではなかった」と思いたくない人ほど、仕事を続けた状態で転職活動を行うべきなのかもしれません。

 - 転職準備

  関連記事

no image
計画作りに必要な「壁」のイメージと乗り越える手段

計画作成時に持ちたい転職成功までに待ち受ける壁のイメージ  中高年の転職者が少し …

no image
転職期間が長引きがちな中高年に潜む危険性とは

活動期間が長くなると高くなる転職リスク  絶対とは言えませんが、通常は転職期間が …

no image
タイミングが転職の運命を左右するって本当?

こんなにある!転職のタイミングを図るための材料  タイミングひとつで転職の結果が …